メイン | 10月の研究会での報告講演を募集しています。 »

2017年6月10日 (土)

米騒動・大戦後デモクラシー100周年研究会(第1回)のご案内(第1報)

米騒動・大戦後デモクラシー100周年研究会(第1回)のご案内(第1報)

<主旨>

第一次大戦末の米騒動、朝鮮の三・一独立運動、中国の五・四運動の100周年が近づいています。実質米価率(米価上昇率を賃金上昇率で割ったもの)の急騰、それに応ずる鉱工業地帯での賃上げ騒擾(争議・暴動)、大都市での消費者運動が1917年端境期(はざかいき)から急増していることが、最近指摘されています。したがって米産地である移出地帯の富山県の18年夏の移出反対を米騒動のはじまりとして来たのは根拠がなく、事実は大消費(移入)地帯である鉱工業地帯・大都市で一年も前から始まっていたことになります。そしてそのトップをきるのが筑豊炭田、例えば福岡炭坑の暴動(17年8月)です。したがって北九州は米騒動の始動地でもあったわけで、そこから関門・広島湾にかけてのシベリア出兵の乗船地帯で米騒動が最も激化し、多くの炭坑労働者の生命の犠牲の上に、寺内内閣が倒され大戦後デモクラシーの扉が開かれたことは大きな意義をもつものです。100周年研究会をこの地域から始めさせて頂く所以です。こぞってご参集下さることを期待しております。

<主催>

米騒動史研究会  九州歴史科学研究会

<日程と会場>

2017年10月7~9日(10月7日12時開場、13時開会)

北九州市立大学北方キャンパス(福岡県北九州市小倉南区北方4-2-1)

<報告・講演(一部題目は仮題)>

・開会あいさつ  九州歴史科学研究会 森丈夫

・米騒動百周年と研究における新局面  井本三夫(米騒動史研究会)

・日本の米騒動と中国          堀地明(北九州市立大学)

・米騒動と山口県・長州閥        井竿富雄(山口県立大学)

・近代における北九州労働者の社会的・経済的特質     土井徹平(北九州市立大学)

・ドイツ史からのコメント        今井宏昌(九州大学)

・朝鮮の米騒動期と三・一独立運動   渡引礼(米騒動史研究会)

・東アジアの大戦後デモクラシー(五・四運動期中国・東南アジア・シベリア・日本国内など)                              

各氏分担

・ 閉会の挨拶   北九州市立大学 堀地明

 他にもご発表を依頼中です。

2017年6月16日時25分一部訂正

詳細な日程・報告講演等は決まりしだい、本サイトに掲載します。    

コメント

コメントを投稿

アクセスランキング

Powered by Six Apart